介護の仕事と関連機関等の連携

###Site Name###

介護の仕事の性格上、高齢者の多様なニーズに対応するなかで、関連機関との連携についてはきわめて広範囲なものとなっています。

高齢者は健康状態の変化がおおく、医療機関にかかることが多いことから疾病の早期発見、早期治療のため通院時付き添う場合は、利用者に了解を得て、主治医に利用者の健康状態を正確に伝えるのも介護の仕事なかでも占める割合が大きいです。

在宅での仕事は、介護保険によるサービス、例えば訪問看護、訪問リハビリテーション、訪問入浴サービス等又市町村によるサービス、例えば配食サービス等と一体となって提供されることが重要ですので、こうした他のサービス提供者との連携はとりわけ大切です。
連携がスムーズにいかないと、他のサービス提供者と利用者に対する認識が一致しないため、利用者に適切なサービスを提供できないばかりでなく、利用者を混乱させて不信感を抱かせてしまいます。

介護の仕事は一定の限界があるので、それだけでは高齢者の生活を支えることはできません。



他の専門職やサービス提供者とそれぞれの役割分担をきめ、共同して利用者にあたっていく必要があります。利用者の様子の変化や利用者の要望をきちんとつかみ、それを正確にサービス提供責任者や医療機関に伝えることが重要です。

コトバンクについて知っておくと便利なことが良く分かるお得なサイトです。

仕事で一番大切なことは、利用者の様子をよく観察し、通常の状況との違いを見過ごさず、それを主治医、介護支援専門員や他のサービス提供者に伝えていくことです。

新宿の介護士の求人の知りたかった情報がきっと見つかります。